このブログ
元nintendogs中心ブログ。主に可愛いものとお買い物とゲームのお話。感想やら日記やらリアルタイム風更新やら混ぜこぜです。
画像の無断転載等はご遠慮ください。
管理人

      アロマ

HN:アロマ
DSとnintendogsに出会って6年。ゲーム好き。ポケモンの大ファン、可愛いポケモン愛。最近イナズマイレブンに夢中(1、2ブリザード、3ボンバーをクリア)。他にゼルダは風タク・トワイライト・DS2作、テイルズはマイソロ系が好き。
nintendogs+cats柴、イナズマ2ブリザード・3ボンバー、TOWマイソロ3プレイ中。
雑多なツイッターはこちら

最新記事
カテゴリー
過去の記事
リンク集
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
先日、遂にエンディングを迎えました。
約50時間。長かった…。
自力でエンディングを見たテレビゲームのRPGはこれで2作目です。
(もうひとつは「風のタクト」ですが)

長くなりそう&(今更ですが)ネタバレ有りなので畳みます。

我が家で愛されているリンクは「風のタクト」のトゥーン調リンクで、
リアルなリンクの作品は初プレイだったので
初めはやや抵抗がありました。
(スマブラDXでリンクに惚れた妹は喜んでおりましたが)
「時のオカリナ」ファンにはすごく批判されそうな感想ですね。

なのに、進めていくうちに
だんだん馴染んできて、だんだん格好良く見えてくるという…(^^;
そこまで美形じゃないハズなんだけどなぁ、
しかも動かしてるの自分だし。

剣の動作にはかなり苦戦しましたし(特に奥義)、
獣状態の通常攻撃や結界攻撃も難しくって大変だったのですが、
10時間前後でやっと慣れることができました。

ただ、獣状態は視線が地面が近いぶん、
3D酔いが激しくて困りました…。
だから、トワイライトに入ると
一定時間 獣状態を余儀なくされるために、
気持ち悪くって気持ち悪くって仕方ない。
おまけに敵はグロテスク。
エポナに乗っているときが視線が高くて目が楽でした。

リンクはこの辺にしておいて。
ミドナちゃんはミドナちゃんで、プレイ前は
リンクを越えるくらいの人気というのが理解不能だったのですが、
確かにあれは人気出るよなぁ、というキャラでした。
…特に後半のツンデレ具合、とか。

彼女のせいか、イリアちゃんの影が薄かったですね。
あんまり本編に出てこないからかな。
ミドナちゃんやアゲハちゃんが濃かったからかな。

キャラといえば、おばちゃんとボクちゃんがかなりツボでした。
見た目はなんか怖いし、キモいし、なのに
リンクやミドナちゃんのように、
だんだん「可愛いなぁ~」と言うようになる自分がいました。

それから、テルマの酒場にいた
…アッシュさん?だっけ?
あの人は美人だと思う。結構好きでした。
彼女に限らず、酒場の人たちはみんないい人で好きです。
ラスボス前の彼らの登場にはかなりびっくり…!
そしてかなり嬉しかった!

そんなこんなで、キャラやタッチには馴染むことが出来たのですが、
一番不安だったのは、ストーリーや雰囲気でした。
公式に製作が発表された頃、初めてムービーを見て
え?何この『ロード・オブ・ザ・リング』そのものな雰囲気?
と思った人は、きっと私だけではない。

特に平原での騎馬戦ですね。
それから、影の結晶石や陰りの鏡の魔力が人にもたらす影響。
ザントやガノンはまるでサウロンのよう。
それだけでなく、服装や武器もかなり似通ったところがあったので
きっと影響を受けているのでしょうが…。

でも逆に、私はあの映画は好きなので
フィールドやビジュアルも好みといえば好みですし、
思った以上に気にならなくて良かったです。
ただ、私のプレイを見ている母と
「わー、これ絶対 指輪物語じゃん」なんて言いながら
進めていましたけれども。(笑)

私にとって魅力的だったのは、
乗馬、それから動物との触れ合いでしょうか。
ヤギ撫でるとか、犬猫抱っこするとか、サルがついてくるとか、
タカ呼ぶとか、コッコになるとか…
しょっちゅう母に「動物と遊んでないで世界を救えよ!勇者!」
と つっこまれました。

乗馬はかなり楽しくて、おまけに犬猫と同じくらい癒されます。
意味もなく馬笛を吹いてエポナを呼んで、
ポータルを使えばいいものを
わざわざエポナに乗って走り回っていました。
いや、相変わらず走り回っています。

「風のタクト」や「夢幻の砂時計」もそうでしたけれど、
最後は、終わってしまえば意外とあっけなく、
しかしこのRPGが終わったとき独特の
切ないような寂しいような気持ちのせいもあってか、
ゲームで初めて少しだけ泣きそうになりました。
(でも泣きませんでした)

ミドナちゃんとの永遠のお別れ。
「夢幻~」でのシエラ達とのお別れと少し似ていました。
忘れないでね、って別れるのが、すごく切ない。
ゼルダ初プレイだったせいか、
「風の~」の赤獅子(ハイラル王)との別れのほうが
私にとっては悲しかったのですが、
あの方は既に滅びたも同然の身だったので
泣くんだったら「トワイライト~」かな。

今は、小ネタや収集モノのコンプリートを目指して、
エポナと駆け回ることを堪能しながら
ちまちまとプレイしています。
あ、でも友達から「アルカイック・シールド・ヒート」を借りたので
そっちもやらなくちゃ。

…そろそろ勉強しろー。
スポンサーサイト

2008.04.06(Sun) | ゼルダの伝説 | cm(0) |

この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。