このブログ
元nintendogs中心ブログ。主に可愛いものとお買い物とゲームのお話。感想やら日記やらリアルタイム風更新やら混ぜこぜです。
画像の無断転載等はご遠慮ください。
管理人

      アロマ

HN:アロマ
DSとnintendogsに出会って6年。ゲーム好き。ポケモンの大ファン、可愛いポケモン愛。最近イナズマイレブンに夢中(1、2ブリザード、3ボンバーをクリア)。他にゼルダは風タク・トワイライト・DS2作、テイルズはマイソロ系が好き。
nintendogs+cats柴、イナズマ2ブリザード・3ボンバー、TOWマイソロ3プレイ中。
雑多なツイッターはこちら

最新記事
カテゴリー
過去の記事
リンク集
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

うちの子犬たち
うちの子犬たちの詳細&親馬鹿コメント。

日本版の子犬の名前はカタカナが本名、
()内はアルファベット表記であって本名ではありません。

海外版の子犬の名前はアルファベットが登録名、
()内はその読みで記事中ではこちらで紹介しています。



ユキ(Yuki) ♀
柴(白)

白っぽくて丸々とした姿を見て、
シロクマの赤ちゃんみたいで可愛い、なんて一目惚れして
最初のパートナーになってもらいました。
帽子を被るとなんだか男の子みたいになります。
うちの子はみんなそうですが、
時に甘えん坊だったり、人懐こい子だったり、という感じです。
ユキの場合は甘えん坊率が高い為、
1日お世話が出来ないとすぐに機嫌を損ねてしまいます。
かつてはディスクチャンピオンでしたが、
現在はスランプに陥り、抜け出せない状況にあります。
名前の由来は主に毛色からの連想。
それからちょっと人っぽい名前にしたくて。
実は半分 母の発案。他の候補は“マリ”、“ケイ”、“シロ”など。
名前を付ける画面で悩みに悩み、その時間なんと30分。
最終的には“シロ”並にベタな名前だけれど、
馴染みやすいので気に入っています。
今思うと、シロにしなくてよかった。被るところだった。
ひいきをするつもりはないのだけれど、
色んな面で、自分の中でちょっと特別な子。
そしてある意味 自分の分身のような子。


フラニー(Franny) ♀
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル(ブレンハイム)

この子が来た当初、大人しかったユキと暮らしていた為に、
優しい性格の子を選んだ筈なのに…
こんなにやんちゃでどうするの!?と思った程の子でした。
今でも割と活発な女の子です。
そのくせ他所では大人しいらしい。借りた猫…?
ディスク以外の競技ならば大体出来る子です。
我が家の子の中で、私がnintendogsを触らせた人々に
一番人気のアイドルでもあります。
そのため、いじられ過ぎて 機嫌を損ねてしまうこともしばしば…;
名前は、この頃母と私がプレイしていた、DSソフト「アナザーコード」の
登場キャラ(といっても故人)から拝借しました。
髪の毛がカールしているところから連想。これも半母発案です。
他の候補としては、“フラニー”は愛称なので
“フラン”や“フランチェシカ”が挙げられたものの、
前者はお菓子みたい、後者は呼びにくいということで却下。
呼び名はフラニーでも、本名は
“フラン”や“フランチェシカ”にするという案もありましたが、
訳が分からなくなりそうなのでやめました。


ケイト(Cate) ♂
ラブラドール・レトリバー(イエロー)

人懐こい優しい子です。柴パケ内ではただ一匹の大型犬。
女性の名前ですが、彼はれっきとした男の子です。
芸は不得意です。専門はアジリティで、
我が家の最高記録・9連勝を勝ち取ったことも。
(連勝が出来ないのは彼らのせいではなく、私の指示が下手なだけです)
名前の由来は、ロード・オブ・ザ・リングのガラドリエル役、
ケイト・ブランシェットさんから。
本場なら女性の名前だけど、日本で発音すると男性名にも思えなくない
中性的な名前にしてみたかったのでした。
あと これは私自身のこだわりなのですが、“Kate”ではなく“Cate”です。
ケイト・ブランシェットさんも確か“C”だったような。
名前を付けるのに時間が掛かったランキング、ユキに次いで第2位。


アニタ(Anita) ♀
シェットランド・シープドッグ(焦げ茶)

4番目という微妙な位置のためか、
チサに次ぎ2番目に触れ合った時間が短いという、
なんとも可哀想なことをされてしまっている子。
私が遊ぼうとすると寝ているからかもしれないな。
見た目が短毛っぽいので、つい短毛シャンプーを使って失敗しました。
(フラニーも1度この失敗をされています)
名前の由来は絵本「どんなにきみがすきだかあててごらん」の絵を描いた
アニタ・ジェラームさんより頂戴致しました。
その人が好きというより、妹の本棚を何気なく見ていて目に付いた名前で
響きが気に入ったので、という理由ですね。
他には“マニエ”、“マイラ”などカタカナ3文字の名前候補が。
命名までの時間としては過去最短です。
中型の女の子だけど声が低いところが好き。


オッシア(Ossia) ♂
チワワ(ブラック)

昔、とある犬育成ゲームをやっていて、飼っていた黒いチワワがとても可愛く
今度もまた黒いチワワと暮らしたくなったので、
みんなで頑張って大会で貯めたポイントとお金でやっとお迎えできた子。
小さいながらもフラニー嬢に負けない元気の良さと
人懐こい性格を兼ね備えています。
アジリティでは、小型犬なのに5匹中ピカイチのスピードを誇ります。
(連勝できないのはやっぱり私のせいです)
音楽用語由来の名前だけれど、
本来の意味は「あるいは」というもので、単に響き重視のネーミング。
ちなみに、唯一のイタリア語の名前です。
ユキと2匹で暮らしていた時期、ケンネルのムサシ&ペロに比べ
2匹のほうが体格差が大きく見え、ユキが白、彼が黒のための錯覚か?
と思っていましたが、どうやらオッシアは小柄なチワワの様子。


チサ(Chisa) ♀
ビーグル(ホワイト&レモン)

甘えん坊というほど甘えん坊ではない。と思われる子です。
構ってくれるオッシアお兄ちゃんよりアニタお姉ちゃんが好きなよう。
名前は、レタスなどの意味の萵苣(ちしゃ・ちさ)から。
ユキと同じく、日本人にいそうな名前ですね。
他にも植物の名前がいろいろ候補に挙がり、
“キキョウ”、“ボタン”、“クルミ”、“ナズナ”など様々だったものの
一番“チサ”が顔に合っている気がしたので。
“チシャ”は言い辛いので却下。
実はチサを迎える前に、何匹か
私の勝手や手違いで手放してしまった子がいて、
私自身が同じことを繰り返す危険性があったけれど、
無事に手放さず落ち着くことが出来たため、
償いの意味もあって可愛がってもらっている子です。


Mari(マリ) ♀
ボクサー(ブリンドル)

海外版nintendogs・Dalmatian&Friendsを入手し、
ゴールデン・レトリーバーを飼うつもりで
何故だかボクサーの女の子を迎えてしまいました。
よく言うことを聞く子なので、芸もアジリティもそこそこ出来、
きっとディスクにも挑戦できるはず …ですが、
こちらが名前をしっかり発音して呼ばないと
“おまわり(spin)”と勘違いしてしまうようです。
ごつい犬のためかアクセサリーが似合いませんが、
大人しく可愛げのある女の子です。
ユキの名付けの際の没候補の中でも、お気に入り度の高い
マリという名前を持ってきました。
スポンサーサイト

2006.03.27(Mon) | nintendogs | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://aandb.blog56.fc2.com/tb.php/29-d00a64f7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。