このブログ
元nintendogs中心ブログ。主に可愛いものとお買い物とゲームのお話。感想やら日記やらリアルタイム風更新やら混ぜこぜです。
画像の無断転載等はご遠慮ください。
管理人

      アロマ

HN:アロマ
DSとnintendogsに出会って6年。ゲーム好き。ポケモンの大ファン、可愛いポケモン愛。最近イナズマイレブンに夢中(1、2ブリザード、3ボンバーをクリア)。他にゼルダは風タク・トワイライト・DS2作、テイルズはマイソロ系が好き。
nintendogs+cats柴、イナズマ2ブリザード・3ボンバー、TOWマイソロ3プレイ中。
雑多なツイッターはこちら

最新記事
カテゴリー
過去の記事
リンク集
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

テイルズ オブ ジ アビス②
クリアおめでとう!

と言っていいのか悪いのか分からない、
やっぱり暗いお話でした…。

フェレス島廃墟~エンディングまでと、全体の感想を。
前回は不満ばかり書いてしまったので、
今回はいいところを中心に書こうと思います。


アリエッタの悲痛な叫び。
「イオンさま、どこ?痛いよぅ…」という、最後の言葉。
アニスの、この決闘は、今まで騙されてきたアリエッタが
初めて自分で決めたことだから、受けて立つ、というようなセリフ。
聞いていて胸がすごく苦しかったです。
フェレス島で、多分一番冷静にアリエッタと会話をして、
子供で素直なアリエッタを見たぶん、なおさら。

アニスにせよ、アリエッタにせよ、イオンやシンクにせよ、
子供が戦わなければならない世の中は嫌です。

そんなアリエッタとの決闘を終えても、
今度はルークが三国のために犠牲になる話が。
アニスが一番説得力があるように思えました。
「ルークもイオン様みたいに消えちゃうの?」
アニスにとっての、イオンを失ったことの大きさが窺えます。

さらにこの後、ナタリアとラルゴの親子の戦いが待っている訳です。
イオンとアニスとアリエッタの話>ナタリアとラルゴの話
な自分ですが、それでも辛いものは辛い…。
とことん暗い。いわゆる鬱な展開です。

フローリアンは…アニスがいてよかったね。
アニスもフローリアンがいてよかったんでしょう。
ED後のこの2人が気になるところです。

そして、(いろいろなイベントを吹っ飛ばして)最終ダンジョンへ。
決戦前夜のティアが可哀想すぎる。

リグレット戦、シンク戦は、ラルゴ戦やアリエッタ戦に比べ
既に精神的におかしくなってしまった感がありました。
特に、「さっさと死んじゃった」シンク。
ここでもアニスのセリフが重く響きます…。
リグレットもシンクも、どこで道を違えたのか。
いや、本人達にとっては違えてなどいないのでしょうが。

この六神将戦の間に入る、アッシュとルークの一騎打ち。
戦闘後、初めてアッシュがいい奴に見えました。
約束してやるからさっさと行け、とルークを促したアッシュ。
捉え方にもよりますが、この約束を守れなかったアッシュ。
思えば、最も空っぽで生きてきたのは彼なんじゃないだろうか…。

いっそ決戦が軽いものに見えました。
他のイベントがシリアスすぎて。
しかし、自分なりの結論を出して、ヴァンに挑むルーク。

大譜歌をバックに戦闘するのは感動的でした。

スタッフロールでの絵も良かったですね。
落下した新生ホドの周辺に草が茂っていたりとか、
そういう、かつての出来事が思い出になった的な
…ええと、うまく説明できないのですが、
そういうのに弱いんです、とても。

再度になりますが、ティアが可哀想。
最後にこっそり気持ちを呟いて。
夜の渓谷で歌う場面が本当に切ない、というか報われない。
切ないどころの話じゃないですよね…。

アニメ版のエンディングテーマだった冒険彗星は、
「私はここ~」のフレーズが自分の中に一番響いたので
他の部分にあまり注目したことがなかったのですが、
その前の「貴方と繋いだこの歌を~」から見ると、
ここのティアのことが歌われているみたいですごく切ない。
やっぱり、冒険彗星のCD買おうかな。

帰ってきたのはルークだと信じたい。
アッシュであっても、ルークの記憶を持って帰ったと信じたい。
約束とはどの約束なのか。
最後のジェイドの表情は、何を意味していたのか。
深くは追求せず、自分の心の中に収めておくことにしますが。
ティアの涙が、嬉し泣きであったことを祈ります。


そんなこんなでクリアいたしました。
ちなみにクリアしたのは昨夜です。50時間くらいでした。
暗かった!ロード長かった!誤植が許せなかった!
でも、やってよかった。
そう思うことが出来てよかったです。

本当、誤植さえ何とかしてくれれば…。
あれは絶対にやっちゃいけないミスですよね。
それを考えなければ名作とか言われるけど、
考えざるを得ないでしょう、セリフ重視のゲームなんだから。

やっぱりテイルズは死者が多いしね。
当然、周回プレイをすればまた会えるけど、
エンディングを迎えてしまって、
もう彼らはこの世にいない気がしてまた切ないです。

…わざわざ左利きの向きに装備した剣を見せたんだから、
ルークなんだと思うんだけどなぁ。


正直、自分の中で名作ゲームに入るかというと
ちょっと厳しいところがあり、良作という感じですが、
TOS同様、キャラクターはいいと思います。
多分、少年漫画の仲間とか友情とかいう話が好きな自分には、
FFよりも向いている気がします。


とりあえずTOAレポートはこれで終わりです。
次はTOD2だ!…時間あるかな。
読んでくださった方、長々とお付き合いいただきありがとうございました!
スポンサーサイト

2009.08.26(Wed) | テイルズ | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://aandb.blog56.fc2.com/tb.php/406-3a6ae4ec
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。