このブログ
元nintendogs中心ブログ。主に可愛いものとお買い物とゲームのお話。感想やら日記やらリアルタイム風更新やら混ぜこぜです。
画像の無断転載等はご遠慮ください。
管理人

      アロマ

HN:アロマ
DSとnintendogsに出会って6年。ゲーム好き。ポケモンの大ファン、可愛いポケモン愛。最近イナズマイレブンに夢中(1、2ブリザード、3ボンバーをクリア)。他にゼルダは風タク・トワイライト・DS2作、テイルズはマイソロ系が好き。
nintendogs+cats柴、イナズマ2ブリザード・3ボンバー、TOWマイソロ3プレイ中。
雑多なツイッターはこちら

最新記事
カテゴリー
過去の記事
リンク集
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ブリザード
クリアしました。
泣きそうでした。
なんだこれ。
びっくりしました。

そんな私の抱いた感想、いまさらな気もしますががっつりネタバレあり&ちょっとキャラ語り風味なので、畳みます。興味とお時間があって、ネタバレOKで、気持ち悪いかもしれなくても大丈夫な方はどうぞ。
ツイッターで呟くとネタバレ&勢いで書いちゃうからということでブログに書いたのですが、それでもかなり勢いに任せた感じになってしまったので、後でちょこちょこ修正するかも。

なんでもっと早く遊ばなかったんだろう、と後悔してます。だってアニメ3期ももう終わるよ!1、3は基本的に明るい話だし、アニメ2期は放送時にわりとちゃんと見ていて、最近ケーブルテレビでの再放送も見たので、コンプ魂が働いて軽い気持ちで購入しただけだったのです。が、やってみてびっくり。アニメとすごい違う。
初代がアニメと違うのは仕方ないというか、2、3と違ってアニメ化前提ではなかった作品だと思うので驚きませんでした。3は結構同じだった気がします。むしろアニメ側にオリジナル展開が多いなぁ、というくらい。

ところが2は……アニメと違い、佐久間・源田が単純に裏切ったのではなく捕まって洗脳されたこと、風丸は総攻撃を受けて怪我離脱だということは知っていました。知っていましたが、特に風丸関連がつらかった。
とにかく暗い風丸くん。北海道でもアニメよりブルーな風丸くん。南下するにつれどんどん焦っていく風丸くん。見ているだけでつらかったです。だから、七章は先に進めるのもつらくて仕方なかったです。ゲームでこんな風に思うのは初めてでした。いつもなら、進めるのつらいよー!と言っても普通に進めちゃうタイプなのですが、展開を知っているからか、どうしても嫌でした。
とはいえ進めないと意味がないので頑張りましたが、その七章の負け戦は、レベルが足りなくてイベントを起こせなかったりもして、結構時間が掛かりました。そしてイベント。吹雪くんとの会話に胸が痛みました。イベント絵2枚がかわいそうで、あれ、超次元サッカーってこんなに激しかったっけ、とついアニメ1期の帝国戦を思い出して逃避したりして。
一番衝撃が大きかったのは直後のアニメ部分。救急車の運転手(?)が、ニヤリと笑ったのを見て……!ひどい、ひどすぎる、という気持ちがずっとぐるぐるしてました。ずっと涙目でした。つまりあれは、救急車で運ばれた時点で、ダークエンペラーズとして利用される運命だったということなのでしょうか……。
その後、円堂くんが「側にいたい」と言ったのにまたぐっと来て、瞳子監督とのやりとりにぐっと来て。風丸くんと再会した円堂くんが去ったあとの、風丸くんの「さよならだ。」が悲しくて。円堂くんと風丸くんの間の愛(恋愛じゃないです、友情とか仲間とかそういう意味で)は好きなんですが、それだけ苦しかったです。

正直、このイベントに全てを持っていかれた感じで、他のことをあんまり覚えていません。
ただ、吹雪くんの覚醒はまた泣きそうでした。アニメより吹雪くんが苦しむ描写が少なかったので、どうなるのかなと思っていた程度でしたが、予想外の部分でのお別れ覚醒イベントはまさに不意打ちでした。
全体的に瞳子監督がいい人だったのも嬉しかった。円堂くんを慰める描写や、家族を大切に思うあたりがよかったです。
レーゼイベントはかわいそうすぎてすぐお迎えに行きました、北海道へ。ストーリーではさすがに使いませんでしたが、エクストラ対戦ルートなどでは頑張ってもらっています。

そして最終章。ここからはどう文章にしたらいいか分からないので、箇条書きで失礼します。

・DE登場シーンが格好いいのか格好悪いのかわからない
・意外とGK(杉森くん)が弱い
・意外とムゲン・ザ・ハンドも弱い(風丸のシュートに勝てない)
・試合中・風丸「黙れぇっ!」に胸が苦しい
・円堂「風丸たちはダークエンペラーズじゃない!」に感動
・夕香「かぜまるお兄ちゃんたちはわるくない…。」に感動
・白恋中「アツヤ!~」の台詞に感動
・陽花戸中「オレたちのヒーローの~」に感動
・円堂「おまえらが言いたかったこと…もっとオレにぶつけるんだ!」に感動
・↑この辺りはとにかく感動してました、苦しかった
・風丸くん泣いてて嬉しかったです、アニメでは泣かなかったから
・涙流しても男前でした
・笑ってる…みんな笑ってるよ……!
・最後、すごい人数が集まってくるところに愛を感じる

・スタッフロールの入院組の絵に胸が苦しい
・本当はずっとそんなふうに応援していたのね
・立向居くんこんなふうにテレビで円堂くんを見たのね
・鬼道さんマント……こういう絵があると、楽しい瞬間もあったんだってほっとする
・照美くん素敵すぎてとても好きになった
・円堂くんと風丸くんが一緒に笑っていてすごく嬉しかった
・円堂くんの笑顔はみんなを救う

と、じーんと熱くなったところで、もうこの勢いで真エンディングなるものを見てしまおう!(←存在を最近知った)ということで、もう一度雷門中へ。DE戦からかなーと構えていたら、まさかのOB戦にちょっと「あれ?」ってなりました(^^;しかも肝心のDE戦も、1回目もそれなりに苦戦して、2・3度再挑戦したのですが、クリアして気が抜けたからかまた勝てなくて、2戦するはめに。
そうして辿り着いた真エンディング。

・あっ…捨てたユニフォーム……
・円堂くんきっとまた優しいことを言ってるんだな
・みんなでキャラバンで故郷へ送ったのね
・去るキャラバンを追いかける立向居くんせつない
・源田と佐久間が優しい
・ガゼル…そこにいるのね……!←何も知らなかった

こんなに長いとは予想外でした。雷門ユニフォームのところくらいで終わりかと。
これ(七章~真ED)を今まで見ないでいたのが悔しいです、いや、見られたからいいんですが。実は3も真エンディングは見ていないので、今日のうちに見る予定でいます。

とにかく風丸くんに振り回された1週間でした。そうです、約1週間でクリアしてしまったのです。暗い話だったけど、遊んでよかったです。誰でもそうだと思いますが、エイリアやDEメンバーの友情や挫折や悩みは、ちょっと分かるなぁというところがあるので、円堂くんの言葉は力をもらえます。
風丸くん風丸くんとうるさいですが、一番好きなのは立向居くんです。次点でヒロトくん鬼道さん風丸くん円堂くん綱海くん(同順2位ってことで)、という感じなので。ただ、七章の衝撃が強すぎて、立向居くんたちがメンバー入りしても素直に喜べず……。
本当は、風丸は妹の最愛キャラで、私はずっと前は興味がありませんでした。姉妹で最愛キャラが被ることは少ないし、被ったら被ったでいろいろ面倒なので(笑)、避けていたというのもあります。が、徐々に好きになっていき、最近のアニメや劇場版、そして1~3をプレイしたことにより、妹に勝るとも劣らない風丸好きになってしまった気がします。と言ったら、妹に怒られそうですが。


長々と語ってしまいましたが、楽しかったです!これからはDEメンバーをお迎えに行くため頑張ります。いろんな人を引き抜きます。3の真エンディングも見ます。
そして近いうちに初代の感想も書きにきます。人に貸していて手元にソフトがないので、うろ覚え感想になりそうですが頑張ります。
スポンサーサイト

2011.03.11(Fri) | その他ゲーム | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://aandb.blog56.fc2.com/tb.php/530-bd3ca64a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。